黒豆海苔巻

主に北海道で散歩してるブログ

観光

支笏湖ブルー

夏の終わり、支笏湖に乗りに行ったのはカナディアンカヌー。シーカヤックをしようとしたものの波が高く中止になったことから、場所を変えて水に浮かぶチャレンジに挑んだのです。 カヌーには3人で乗りました。前半は僕がしんがりで指示を出したのですが、前…

層雲峡は雨だった

紅葉はあるのだろうか。層雲峡に行ってきました。 仙人感あふれるこの場所に流れるのが銀河の滝と流星の滝。100m近くの落差を流れるその姿は壮観です。アイヌ語で「滝の多い川」の意味の言葉から層雲峡と名付けられたということで、いくつもの滝が絶壁を流れ…

旭岳の白銀

ただ山を眺めるだけでも感動できることはしばしありますが、初冠雪後に快晴の中で見る旭岳は格別でした。姿見の池がその名の通りバッチリの鏡面具合を発揮していました。 旭岳は大雪山系にある2,291mの山で、北海道最高峰。何年か前に登ったことがあります。…

支笏湖のサマーチルアウト

代休だった快晴の水曜日、支笏湖に行きました。前日にやや飲みすぎてゆったりと起きた昼前、自宅に燦々と照りつける日差しに辟易し、涼しげな湖畔で優雅に本でも読んでやろうという魂胆です。 夏休みだけど平日ということで、支笏湖休暇村も人が少なくて良い…

噛み締めた金沢

大混雑のバスタ新宿を抜け出した夜行バスは、8時間をかけて金沢駅に到着。朝6時、頭の中には濃い霞が立ち込めており、到着の感慨も何もない。それでも駅前のアパホテル内にあるエキスパに開店と同時に押しかけ縮んだ体を湯船で伸ばし、モーニングセットを食…

またも高みから 旭山記念公園

朝日も見るなら夜景も見る、ということで旭山記念公園に。日本に三大夜景は多々あるようですが、札幌は日本新三大夜景の第2位に輝いています。 札幌駅や大通り、すすきのを望む方角。 このミニチュア的感じ、やはり良い…。 超絶デートスポットなので、三脚を…

ビルの芽吹き

日の出リベンジのため円山に。5時過ぎから登山開始、やや白んできた空の下を進みます。前日の昼に少し溶けたためか圧雪アイスバーン状態で、滑る滑る。 それでも30分もかけずに頂上へ。下界を望むと屋根の上には残雪。この視点からだとまだ白い街です。 とは…

美瑛を正統派で

美瑛の雪景色の写真を見て羨ましくなり、冬も終わろうかというこの時期に慌てて訪れました。深夜に出発し、夜明けの1時間前に到着。青い薄曇りの中で、まだ半月が輝いていました。 滅多に使わない三脚まで引っ張り出して、おにぎりなど食べつつ日の出待ち。3…

住みたい城 犬山城

「名古屋ってどこ観光すればいいの?」と聞かれた時に、「犬山城とか…」と答えて生きてきましたが、僕自身は行ったことがありませんでした。責任ある大人として振る舞うためにも、犬山城を訪れることにしました。 名古屋駅から名鉄犬山線で40分くらいで犬山…

優しい森はノスタルジック

結婚式出席のために名古屋へ行っていました。たまには観光をしてみることに。 熱田神宮は、僕が小学生を終えるまで住んでいた場所の近所です。夏は林間学校や写生大会に、また駅のスイミングスクールにも通っていたことを思い出します。 南側の正門から参道…

西海岸に日が沈む

【ドジャースタジアム】 ドジャースの本拠地でマエケンの登板を応援してきました。最安値だけどVIPと括られた席から応援。かなりの渋滞につかまり、国歌斉唱には間に合いませんでしたが、なんとか1回表から見ることができました。この日の来場者プレゼント、…

目もくらむようなラスベガス

ラスベガスは砂漠の真ん中にポツンとあるため、むちゃくちゃ暑い。バカバカしさが楽しいリゾートホテルの外観を見て歩いているだけで痩せそうです。 カジノに挑戦しない手はありません。決戦の地はこのベラジオというホテル。夜は屈強なデュエリストで埋まり…

カタリナほど素敵な島はない

ロサンゼルスから船で1時間半ほど、サンタ・カタリナ島にやってきました。日帰りでリゾート気分を満喫しようという魂胆です。海が青いぞ。 何はともあれ朝ごはんを…。ココモでなくても、すでに最高の気分です。 海水は透き通り、ちょっと石は多いけど、冷た…

ワイナリー・リベンジ

ロスの南側、テメキュラにてワイナリー訪問のリベンジです。テメキュラのワイン生産が本格的になったのはここ半世紀ほどのことだとか。砂漠の住宅地を抜けると突然ワイン畑が広がり、およそ20強のワイナリーが並んでいます。 まずは規模の大きなWilson Creek…

駆け足の北カリフォルニア

カリフォルニアの北部に遊びに行きました。恐ろしいほどの駆け足具合です。 【サンフランシスコ】 ロスからはとにかくまっすぐなフリーウェイI-5を、果樹園を眺めながら北上していきます。オークランドからベイ・ブリッジを渡りサンフランシスコに入るのです…

近所を楽しむ

【ハートパークの夏祭り】 オレンジ郡のハートパークでは夏の間の毎週水曜日、地元のバンドによるフリーコンサートが行われています。持参した椅子やシートを芝生に広げ、夕焼けが広がる時間から始まる音楽にゆったりと耳を傾ける緩やかな時間です。子供から…

時間が足りない イエローストーン

イエローストーン2日目。この日いっぱいで帰らなくてはなりません。 夜明けに合わせ再入園しました。気温の低さがあってか、昼間よりももうもうと蒸気が立ち込めています。 最初に目指すは大型哺乳類が多く見られるというLamar Valley。8,980㎢も敷地面積が…

地獄谷・イン・アメリカ

独立記念日を含む3連休は、悩み抜いてイエローストーン国立公園に行きました。もう二度と行けなくなってしまう前に…という思いが後押しをしました。 悩みの理由は移動距離です。広大なアメリカ、滞在先からイエローストーンまではきっかり1,000マイル、車で…

シロナガス・アゲイン

ニューポートビーチに来ました。車で1時間以内の範囲でこんなビーチがたくさんあり、浜辺で本など読むのは最高の気分です。ここでは海水浴のほか、釣りやサーフィンに興じる人がたくさんいました。 今日の目的はホエールウォッチングです。ロサンゼルス郡・…

2つのパワースポット

グランドキャニオンの帰り道、セドナに立ち寄りました。セドナは神秘的なパワースポットとして大変有名ということです。道沿いにはたくさんのリゾートホテルがあり、多くの人を惹きつけているのが伺えます。 とりあえず、ベルロックというところにきました。…

朝昼晩とグランドキャニオン

もっともアメリカらしい景色をと、グランドキャニオンに行ってきました。ロサンゼルスからは7時間強ほどの距離で、まあ遠かったです。朝日を見るために、週末会社から直行という強行軍でした。 サウスリムの麓・ツサヤンに着いたのが午前2時ごろ。雲ひとつな…

動物だらけのサンディエゴ

南へ下りサンディエゴへ。 サンディエゴ動物園は開園100周年記念。敷地サイズは東京ドーム8個分ということで、行ったこともない東京ドームとの比較じゃよく分からないが、広い。園内で周遊バスツアーがあり、入り口と最深部を結ぶゴンドラがあるくらい。1日…

ロングビーチで海に漕ぎ出す

今だけ近所のロングビーチに行きました。フリーウェイをぶいぶいいわせて30分くらい。 ここにはAquarium of the Pacificという壮大な名前の水族館があります。メモリアルデーの祝日、チケット売り場に人が並んでいました。 なんと屋内にシロナガスクジラがぶ…

2010年 父島の旅

「来週、小笠原行ってくる」と友人からの連絡。彼とは学生の頃に2人で父島を旅行しており、いつか再訪しようと互いに言い合ったものだ。メール画面から目を離し、地下鉄の中で2010年の数日間を思い出そうとするが、なんだかぼんやりした部分が多い。あの日の…

サメのイカとウミネコ、そしてサバ

USJかと錯覚しましたが、青森の太平洋側、「鮫」にきました。鰺ヶ沢から鮫へ、順調に高次の段階へ食物網を上り詰めています。 「鮫」というのは反則ものにかっこいい地名ですね…サメ中学校、サメ警察署、セブンイレブン サメ店など、地名が付くだけで目つき…

津軽西岸でチルアウト

鰺ヶ沢のリバーサイドなホテルを拠点に、夏休みを取りました。 朝一のすかすかな五能線各駅停車で十二湖に向かいます。北海道よりもなんとも日本っぽい風景と、イヤホンから流れる山下達郎により心がどんどん軽くなっていきます。 2.5㎞位なら…と十二湖方面…

立佞武多でV8な夜

短い夏休み、青森県は五所川原の立佞武多祭りに行ってきました。 この祭りの見どころは、なんといってもねぷたの大きさ!でかい!20m超にもなろうというねぷたが、建物の脇ぎりぎりを進んでいきます。 こんなところを曲がれるのか、という狭い路地を進む「国…

はじめましてさようなら 松島水族館

マリンピア松島水族館にイロワケイルカを観に行ってきました。 この水族館は1927年に開館、日本で2番目に古い歴史を持つ水族館だそうですが、この5/10をもって閉館してしまいます。閉館前に一度は!と、初めての訪問。 メリーゴーランドなどの乗り物コーナー…

タンチョウスポットをめぐる

3月はタンチョウの繁殖シーズンの始まり。冬のタンチョウが見たくて、釧路へ遠征。タンチョウ観察スポットをがつがつ回ります。すごいいい天気! しかし寝坊。日が昇った後の音羽橋には、タンチョウも人もまばら。 ベニヒワはまだまだ眠そうだというのに、タ…

夏休みは大人のたしなみを…

夏休みは帯広・釧路へ。どちらも何度か訪れたことがあったのですが、観光目的は初めて。いろいろ食べまくった旅行でした。 さて、大人のたしなみとはこれです。競馬デビュー。 個人的には、このシンエイキンタロウにぜひとも頑張ってほしいところ。それにし…