読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒豆海苔巻

主に北海道で散歩してるブログ

ガリンコ号で海を進む

 2014年の目標はいくつかありますが、その一つが、紋別のガリンコ号で流氷の海を突き進むことです。

f:id:Kuromame:20111115084603j:plain

 

 ガリンコ号には1対のドリル状のスクリューがついていて、これでがりがりと流氷を割りながら進みます。ジェットモグラとか、轟天号みたいでロマンあふれますよね。

f:id:Kuromame:20140308120503j:plain

 ということで45分の周遊へ出発です。晴天の中、強風を浴びつつ、船外で海を見渡します。

f:id:Kuromame:20140308122023j:plain

 

 コオリガモたち。

f:id:Kuromame:20140308122257j:plain

 コウミスズメ

f:id:Kuromame:20140308123011j:plain

 シノリガモやオオセグロ、セグロ、シロカモメを見ながら、あっという間に着岸。

 流氷はというと、残念ながらすでに相当沖の方へ行ってしまったそう。この時には知床の方で接岸があったそう。

f:id:Kuromame:20140308125652j:plain

 こうなると、海に捨てられたと思しき雪が、以前流氷が接岸したときの名残にも見えてきます。来年リベンジしようと決意。

 

 電動バスを使い、オホーツクタワーへ。

f:id:Kuromame:20140308132316j:plain

 オホーツクタワーの地下は、海中展望フロアとなっていて、備えつきの窓から海の中を眺めたり、飼育されている近海の魚を観察することができます。

f:id:Kuromame:20140308130659j:plain

 海の深さごとの生き物の紹介。和名のないものも、ひらがな版二名法でしっかり種判別できるようにされています。

f:id:Kuromame:20140308130503j:plain

f:id:Kuromame:20140308131510j:plain

 普段はいかつい顔してる方たちも、ここで飼育されているのはなんだか平和そうな面持ち。

f:id:Kuromame:20140308133219j:plain

 流氷が見られなかったのは残念でしたが、海鳥を見れたこと、北の魚をたくさん見られたこと、美味しいものが食べられたことで、十分満足な小旅行でした。