読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒豆海苔巻

主に北海道で散歩してるブログ

宮島沼のマガンと春の気配

 宮島沼へマガンを見に行きました。

f:id:Kuromame:20140419042356j:plain

 まずは「ねぐら立ち」を観察に。

 夜明け前の沼には、いっぱいにマガンとハクチョウ。きゃはきゃはと鳴き声が響きます。観察小屋の近くにしゃがんで、夜明けを待ちます。

 見ていると、たまーに沼に「朝帰り」してくるやつもいるのが面白い。

 ちょこちょこ飛んでいく小集団もありましたが、空にすこし赤みも差してきた4:45に、ついにその瞬間が!

f:id:Kuromame:20140419044507j:plain

f:id:Kuromame:20140419044512j:plain

 わっと大きな羽音とともに、ガンが空一面に広がります。地面が揺れるかのような感覚、あまりの迫力に圧倒されます。ファインダーなんて覗いてられるかと、マガンの大群を見渡しながら、カメラを適当な方向に向けて、適当にシャッターを切ります。

 これからこの数万羽のマガンが、近隣の田畑でご飯を食べるわけです。

f:id:Kuromame:20140419050035j:plain

 次はマガンが沼に戻る、「ねぐら入り」を見たいなあ…。

 

 

f:id:Kuromame:20140426131511j:plain

 というわけで、翌週もう一度宮島沼へ。あれ、真昼間なのにたくさんガンがいるぞ。

f:id:Kuromame:20140426131233j:plain

 だいぶ暖かくなって、マガンは昼間も沼にもどってくるのだとか。この日の最高気温も24℃と、暑いくらいでした。現時点のマガンの飛来数は42,000羽か。

f:id:Kuromame:20140426133524j:plain

 「ねぐら入り」の夕暮れ時まで時間があるので、宮島沼のフットパスコースを散策に。長く続く畦道を進む、気持ちの良い道のりです。

f:id:Kuromame:20140426135048j:plain

 歩いているうちにも、沼からはマガンが続々と飛びたち、頭上を通過していきます。昼休みを挟んで、また餌場に戻るのでしょう。

f:id:Kuromame:20140426133834j:plain

 畦道に座り、真上を通るマガンをゆっくり観察します。印象的なのはその羽音。ヴィーヴィーと空気を震わせるような低音を響かせます。

 ひとしきり観察して、さらにルートを進みます。

f:id:Kuromame:20140426154818j:plain

 アオジの色があまりに鮮やかで目を引きます。畑ではヒバリが縄張りを主張して高く飛び上がります。ムクドリもたくさん見かけました。

f:id:Kuromame:20140426134521j:plain

f:id:Kuromame:20140426143018j:plain

 石狩川の方から、きゃらきゃらと声が聞こえます。鳥が集まっているのでしょうか。

f:id:Kuromame:20140426145157j:plain

 水たまりにたくさんの卵!カエルでした。もう春だなあと気持ちが浮き立ちます。

 

f:id:Kuromame:20140426170823j:plain

 夕方、沼に戻ると、あれだけいたマガンの姿がありません。日がだんだんと沈んでいきます。

 

f:id:Kuromame:20140426174028j:plain

f:id:Kuromame:20140426180552j:plain

f:id:Kuromame:20140426181057j:plain

f:id:Kuromame:20140426184011j:plain

 日が落ちようとするにつれ、次々とガンが戻ってきます。すっからかんだった水面がだんだんと埋まっていきます。夕日の前を、ガンのシルエットが何度も何度も横切っていきます。

 「ねぐら入り」は、朝の「ねぐら立ち」の様なダイナミックさとは違う、ゆったりとした美しい景観でした。地べたにあぐらをかいて、心ゆくまでその雰囲気に身を任せていました。