読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒豆海苔巻

主に北海道で散歩してるブログ

深海のみんな、ただいま!

f:id:Kuromame:20141122142011j:plain

 シーラカンスの甘い言葉に唆され、静岡は沼津港の深海水族館へ。

 日本一深い湾・駿河湾に接する沼津ならではの水族館ということです。深海生物に特化しているだけでも十分珍しいのですが、その上シーラカンスまでいるとのこと…!ドラえもんの不思議探検シリーズで出会い、胸躍らせた小学生時代の夢の生き物とついに出会える!

f:id:Kuromame:20141122151948j:plain

 最初に出迎えてくれたのは、ヴィレバンで売ってる照明みたいなサケビクニン。なんだかだらしなく漂っていますが、こいつら胸ビレが味蕾になっているそう。何かに触るたびに味を感じてしまう体になってしまったら…と思うと震えが止まりません。

f:id:Kuromame:20141122152412j:plain

 ミドリフサアンコウです。しばらく浅い海・深い海の生き物を比較できる水槽が続くのですが、ちょっと写真があんまりにもうまく撮れてなくて…割愛させていただきます。

 でも深海には奇怪な生き物がたくさんいて、わくわくさせられます。全ての脚がハサミになってしまっているセンジュエビなんて、持て余してる感が最高です。

f:id:Kuromame:20141122154348j:plain

 大人気のグソクムシもたくさんいました。が、僕はあまり得意ではないです。

f:id:Kuromame:20141122161557j:plain

 綺麗に取り繕ってもだめです。

f:id:Kuromame:20141122153834j:plain

 元気に広がっているタカアシガニも、水深250-650mと、思ったより深いところに生息。江ノ島水族館が公開している脱皮の動画は、何度も繰り返し見たものです。



 …そういえばメンダコ。深海のアイドル・メンダコはいるでしょうか。

f:id:Kuromame:20141122155343j:plain

 いました。

 

f:id:Kuromame:20141122155821j:plain

 ヒカリキンメダイのなんだかエロい目つきに誘われ、2階へと向かいます。

 

f:id:Kuromame:20141122161715j:plain

 あっさりとシーラカンスがいます!しかも5体!夢にまで見た生き物ですが、ちょっと感動は薄い。でも期待通りの迫力があります。

 写真のは冷凍個体ということで、いやがおうにもそのお味が気になるところですが、有名な魚類学者によるとどうやら「歯ブラシを食べているよう」な味だそう。ということは、これから歯磨きのたびにシーラカンスを味わっているような高尚な気分になれるわけですね…!

f:id:Kuromame:20141122161654j:plain

 展示個体の脇に置かれる「国際希少野生動植物種登録票」。一桁の個体識別号数がその貴重さを物語ります。

f:id:Kuromame:20141122161911j:plain

 みんな、指さしてまでシーラカンスの脳みそを馬鹿にしないでほしい。

 

 

 さて、すでに死んでしまっているものの写真ばかりでしたが、実際にはたくさんの生きた深海生物を見ることができ、大変満足です。

 深海と言えば、昔カップめんの容器を深海に沈めて小っちゃくしたんですが、あんまりテンションが上がりすぎて、下のようにわけのわからないコメントを書いてしまいました。日付と深度を書けばよかったと、見るたびに後悔しています。

 

f:id:Kuromame:20141128225337j:plain