読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒豆海苔巻

主に北海道で散歩してるブログ

穴滝で秘境感を味わう

 パワースポットという言葉にはあまりピンときませんが、「秘境」と言われると俄然興味がわきます。技術も体力も圧倒的に欠ける僕でも比較的容易に到達できる、小樽の穴滝に行きました。

f:id:Kuromame:20150816105021j:plain

 奥沢水源地より歩き始めます。およそ5㎞の道のり、看板も道もあって秘境かといわれるとあれなのですが、気分が重要なのです。

f:id:Kuromame:20150816105946j:plain

 しばらくは整備された林道を進みます。セミの合唱もあいまって、夏休み感がすごいな。

f:id:Kuromame:20150816112053j:plain f:id:Kuromame:20150822094337j:plain

 地面に目をやるとカタツムリ。この日は雨上がりということもあり、大小さまざまなカタツムリが地面や葉先にひっついていました。道の真ん中に散乱する羽根も。どうもアカゲラのものに見える。猛禽が襲った跡でしょうか。

f:id:Kuromame:20150822101933j:plain

 残り500mというところから林道を外れ、若干秘境感のある道を進みます。ぬかるむ小道を、草をかきわけ、細かく上り下りしながら15分ほど進みます。

f:id:Kuromame:20150822102815j:plain

 すると大きな洞窟が口をあけています。ここまでおよそ1時間の歩行。

 洞窟は結構すごい存在感でしたが、全景を収めきれない。奥行は8mほど、幅は20m程度あるでしょうか。

f:id:Kuromame:20150822103355j:plain

 その洞窟の奥、せせらぎを進むと滝です!

f:id:Kuromame:20150822103338j:plain

 落差は3mくらいでしょうか。水量が多いわけではないので控えめな音ですが、逆に非常に落ち着きます。しばらく涼んでいきました。

 パワースポットとして紹介されることもあり、若干の不気味さも交えた荘厳さを確かに感じます。ここで静かに考えに耽るのも良いかもしれません。

 ひっつき虫だらけになりながら復路へ。途中カワガラスが泳いで逃げ去っていき、笑ってしまうなど。

 

f:id:Kuromame:20150816132637j:plain

 天気が良くなってきたので、赤岩海岸を少し歩きました。すばらしい青!水平線がぼんやりとグラデーションで区切られています。

 ここはクライミングの聖地だそうですが、思った以上の絶景スポットでした。

f:id:Kuromame:20150816131910j:plain