読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒豆海苔巻

主に北海道で散歩してるブログ

仕事終わりの探鳥 ボルサ・チカ生態保護区

観察

 アメリカはサマータイム。会社を出る18時ごろはまだまだ明るく、日没は20時ごろ。鳥を見に行けそうです。

f:id:Kuromame:20160602184444j:plain

 会社から車で30分ほどのところにあるのが、ボルサ・チカ生態保護区です。海にほど近い湿原で、どうやら水鳥が多く集まる場所として有名だそうです。いかついカメラのバーダーがたくさんいました。

f:id:Kuromame:20160603104444j:plain

 盛んにダイブしていたのがアジサシです。

f:id:Kuromame:20160603111653j:plain

 アメリカコアジサシ

f:id:Kuromame:20160603105806j:plain

 これは誰だ…Royal Ternでしょうか。みんな夏羽です。

f:id:Kuromame:20160603110828j:plain

 とにかくアジサシの仲間がこれでもかといます。ユウガアジサシのようなのもいます。そしてアジサシが飛び交う中洲には、アメリカシロペリカンにブラウンペリカン、そしておそらくミミヒメウがいます。情報過多で追いついていけません。

 

 今回のベストオブ変な鳥はこちら。

f:id:Kuromame:20160603112437j:plain

 世界で一番しゃくれている鳥、クロハサミアジサシです。なんでこんな嘴かというと、

f:id:Kuromame:20160603112441j:plain

こうして進みながら餌をとるからなのです。本当に獲れるのだろうか…。

 

f:id:Kuromame:20160603110729j:plain

 対岸には映画で見るような石油の掘削機が動いていました。この湿地は、開発とのせめぎ合いの中で守られてきた場所なのです。

f:id:Kuromame:20160603111247j:plain

 コアジサシのデコイも置かれています。膨大な数のアジサシの仲間が見られましたが、こうした努力が実を結んだ結果でしょうか。

f:id:Kuromame:20160603111116j:plain

 

 この日は1時間ほどの滞在だったのですが、この場所はかなり広いらしく、ごく一部しか回ることができませんでした。バックスキンの革靴は砂だらけになっちゃったし…。

f:id:Kuromame:20160603104539j:plain

f:id:Kuromame:20160603105655j:plain

 種判別もままならないし…。

f:id:Kuromame:20160603112936j:plain

 駐車場に現れたノウサギに再訪を誓うのでした。