読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒豆海苔巻

主に北海道で散歩してるブログ

ご当地恐竜はどれだ Museum of Ancient Life

見学

 イエローストーンからはユタ州を縦断してカリフォルニアに帰るのですが、ユタといえば恐竜発掘の聖地ではないですか。東側の州立恐竜公園まではさすがに行けないので、帰り道上にあるサンクスギビングポイントのMuseum of Ancient Lifeに立ち寄りました。

f:id:Kuromame:20160705013928j:plain

 2000年にオープンしたこの博物館の入り口では、ティラノサウルスがオスニエリアを追いかけていました。

f:id:Kuromame:20160705014434j:plain

 入場してどきりとさせられたのですが、えらく精巧な人形の皆さんが化石発掘の現場を再現していました。皆うつむき暗い顔をしており、作業がいかに過酷であることかと思わざるをえません。実際に化石クリーニングを行うかなり広い作業室もガラス張りで公開されていました。

f:id:Kuromame:20160705014941j:plain

 さて、ここは古生物博物館なので、展示は恐竜にとどまりません。宇宙を模した通路を抜けると、ストロマトライトから始め生命の歴史をたどるような展示が始まりました。カンブリア紀にはユタ州は温暖な浅い海だったため、三葉虫をはじめとした化石も多く見つかっています。ここではそのような化石だけでなく、当時の環境の再現模型がたくさんあることが面白かったです。

f:id:Kuromame:20160705015244j:plain

 時代が進むと、コミカルな魚が出てきました。

f:id:Kuromame:20160705015221j:plain

 天井にはダンクルオステウス。デボン紀まで進んできたようです。

f:id:Kuromame:20160705015710j:plain

 ペルム紀、大きな両生類が出てきました。北米に生息していたというエリオプス、平たいゴジラみたいな顔をしていますね。

f:id:Kuromame:20160705020020j:plain

 そして三畳紀に恐竜が現れました。ヘレラサウルス、エオラプトル、プラテオサウルスが並びますが、いずれも北米以外から見つかっているとか。

 

f:id:Kuromame:20160705021604j:plain

 恐竜の展示が始まってまず目につくのはスーパーサウルスです。1972年にコロラドで見つかったこの恐竜は、全長33m以上という巨体で写真に収まりきりません。でかいというか、長いな…。

f:id:Kuromame:20160705020839j:plain f:id:Kuromame:20160705021312j:plain

 スーパーサウルスの肩甲骨、椎骨、骨盤なんかは実物が展示されています。子供の頃、このスーパーサウルスと今は亡きウルトラサウロスに並び、ハイパーサウルスなる恐竜が描かれた図鑑を見たことがあるように思うのですが、記憶違いだったでしょうか。

f:id:Kuromame:20160705021009j:plain

 ユタの「州の化石」はアロサウルスとのことです。エメリー郡で大量のアロサウルス化石が発見され、研究が進んだことが背景にあるのでしょう。

f:id:Kuromame:20160705021250j:plain

 州の名前がついたのはユタラプトル。ジュラシック・パークが公開された1990年代初頭に発見され、映画内で描かれたような5〜7mと大きなサイズのラプトルがいたことを証明した化石となったそうです。

f:id:Kuromame:20160705021718j:plain

 ガストニアはユタ州で発見された鎧竜。背中に並ぶ三角形の骨がかっこいい。

f:id:Kuromame:20160705020456j:plain

 2つしか見つかっていないステゴサウルス幼体の化石のうち一つはユタ州で発見されたそうです。

f:id:Kuromame:20160705021748j:plain

 次の展示室までの途中にあった「恐竜を作ろう」コーナーには、子供の純心が生み出した禍々しい個体が出来上がっていました。

f:id:Kuromame:20160705022027j:plain

 どれが誰の頭でしょうゲームも。

f:id:Kuromame:20160705022623j:plain

f:id:Kuromame:20160705022401j:plain f:id:Kuromame:20160705022902j:plain

 こちらにはティラノサウルストリケラトプスエドモントサウルス、ドロマエオサウルス、パキケファロサウルスなどなど数多くの全身骨格が多々ありました。大きな口の頭骨はスコミムス。この辺りはユタ州との関連は明らかではなかったものの、とにかく量がすごい。州内でなくても近隣で見つかっているものが多いのです。

 

f:id:Kuromame:20160705023300j:plain f:id:Kuromame:20160705023947j:plain

f:id:Kuromame:20160705024118j:plain

 アーケロンやフィロサウルスなど海の生き物コーナー、エレモテリウムなどの哺乳類コーナー、そして突然のメガロドンとの記念撮影コーナーと、ボリューミーな展示はまだまだ続きます。が、時間がなくなってきました。

f:id:Kuromame:20160705024540j:plain

 最後はマンモス対ヒトの戦いを描き展示は終了します。

 骨格標本の多くはレプリカであるようですが、これだけ多くの数を見られるなら大満足ではないでしょうか。展示説明はややあっさりしていましたが、面白い博物館でした。

f:id:Kuromame:20160705021438j:plain