読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒豆海苔巻

主に北海道で散歩してるブログ

朝と夕方も根室

f:id:Kuromame:20161217070754j:plain

 朝は納沙布岬。なにやら人がいると思ったら、北方領土を背景になにやらテレビ撮影してました。

f:id:Kuromame:20161217065524j:plain

f:id:Kuromame:20161217070640j:plain

 朝日に照らされたミツユビカモメがたくさん。

 温根元のハイドなどに寄りながら、春国岱へ向かいます。

f:id:Kuromame:20161217090431j:plain

 早速オオワシが出現。

f:id:Kuromame:20161217092455j:plain

 タンチョウのつがいがすぐ近くに降り立ってくれました。求愛行動でしょうか。

f:id:Kuromame:20161217092411j:plain

 タンチョウをじっと見ていると、後ろからはエゾシカの視線。なにこの目つき。

f:id:Kuromame:20161217093612j:plain

 トウネンは氷に何度も足を滑らせ、滑稽な姿で愛嬌を振りまきます。

f:id:Kuromame:20161217102047j:plain

 鳥見に来ていたお兄さんが教えてくれたのがハマヒバリ。ひゅっとした眉毛が良いですね。

f:id:Kuromame:20161217095151j:plain

 ハマヒバリかと慌ててカメラを向けるとスズメ。

 このほか、草むらでは数十羽のユキホオジロの群れも目にすることができました。そんな右往左往する様子は全て高台のネイチャーセンターの中から観察されていたようで、「探してるな〜って見てましたよ」と言われやや恥ずかしかったです。

 

f:id:Kuromame:20161217113814j:plain

 エスカロップで小休止。

 

f:id:Kuromame:20161216154940j:plain

 根室は夕日もきれいです。オジロワシが夕焼けに向かって飛んでいき、青春を満喫しているようです。

f:id:Kuromame:20161216151947j:plain

 漁港に浮かぶウミネコもいい感じになります。

 しかし根室の日暮れは早く、わんさか出てきたコミミズクもすぐに見えなくなってしまいました。

f:id:Kuromame:20161216170051j:plain

 そんな中白く浮かび上がったのは、電線に止まるエゾフクロウ。根室、本当にいいところだな…。

f:id:Kuromame:20161216185216j:plain

 そして夜。北の勝を飲んで眠るのでした。